ニキビの種類について

Tゾーンのニキビ

おでこや鼻などのいわゆるTゾーンといわれる部分にできるニキビは大抵のケースだと思春期の頃に出来る場合が多く大人になるとTゾーンのニキビはあまりできなくなります。おでこや鼻は皮脂の出る量が多い部分でもあるため、ニキビがよくできてしまう場所でもあります。

思春期の頃というのは、大人に比べると新陳代謝が活発で皮脂が出る量も大人に比べて多く分泌されます。そのため、皮脂の出る量が多いこのTゾーンによくニキビができてしまいます。また、肌がオイリー肌と呼ばれる皮脂の量が多い方もこの部分によくニキビができてしまいます。この部分のニキビの原因はこの皮脂の量が原因ですので、ニキビ対策としてはあぶらとり紙等を使ってこまめに顔のあぶらを拭き取ったり、しっかりと洗顔を行うことが挙げられます。また、オイリー肌の方や思春期の頃というのは皮脂が多く出ているため過剰な保湿はニキビを作り出す原因になってしまうこともあります。元々、皮脂の分泌が多いためにこうした症状が出てしまっているので、あまり過度な保湿をし過ぎると皮脂を余計に多く分泌してしまい、毛穴をつまらせる原因に繋がってしまいます。

大人になると、若干肌は乾燥がちになりますが、オイリー肌の方はそういった部分も考えてきちんとたスキンケアをする事が大切です。また、甘いものなども皮脂が増える原因の1つですので過剰に取り過ぎないというのも、ニキビ対策の1つです。鼻やおでこなどはニキビが出来ると目立ってしまう部分で早く治したいと思う方がほとんどでしょうが、無理に自分でニキビを押し出そうとしたり潰したりすると、それが原因でニキビの症状が悪化して後々に肌に跡を残してしまう場合もあります。どうしても気になるようであれば、病院に行ったり市販の薬を使ってみるというのが大切です。