ニキビの基礎知識

ニキビの種類

ニキビの種類には大きく分けて5つの種類があり、それぞれニキビが出来る原因も違っています。また、症状の酷さもこの種類で変わってきます。まず一番初期の状態のニキビに透明ニキビというものがあります。これは、皮膚の表面に出てくる前の一番最初の状態で、皮脂が皮膚の中でたまって老廃物がたまっている状態です。これが角質に混ざってニキビの芯が作られます。

これを角栓と言います。原因にはホルモンのバランスが乱れていることや皮脂が大量に分泌されていることが挙げられます。この透明のニキビの次の段階が白ニキビと呼ばれるもので、皮膚の表面に白くポツポツと現れた状態をいいます。これは溜まった皮脂が行き場をなくして表面に出てくることによって現れます。この状態では、炎症などを起こしていないため痛みなどはほぼありません。この状態のまま放っておくと酸素に触れて先端が黒く変色してしまいます。

これは白ニキビが酸化することによって出来るもので、黒ニキビと呼ばれています。無理に潰したり押し出そうとすると、膿が出てきてしまうなど症状の悪化に繋がる場合があります。そして、一番多いのが赤ニキビと呼ばれる、皮膚が赤く炎症してしまった状態のニキビがあります。これは、アクネ菌と呼ばれる菌の繁殖が原因で起こるもので赤くなったニキビは痛みを伴います。この痛みは、アクネ菌が皮脂を元に作り出す脂肪酸という物によって引き起こされます。

この赤ニキビは治っても肌に跡が残る場合もあるので早期のニキビ対策をするのが大切です。そして一番酷い症状である黄ニキビですが、これは赤ニキビが酷くなって出来るニキビです。赤く炎症をおこしたニキビが化膿して黄色く変色し大きく膨れます。この状態になってしまうと、皮膚の深い部分にまでダメージが及ぶためニキビが治った跡にクレーターのような凹みができてしまう場合があります。

ニキビは早期の治療が大切で、放っておいたり無理に自分で処理しようとすると悪化してしまう場合もあるので、しっかりとしたニキビ対策が大切です。