ニキビの種類について

口周り、おでこのニキビ

おでこに出来るニキビは、だいたい思春期の頃に出来る場合が多く原因は皮脂の量が多いことにあります。思春期の頃というのはどうしても皮脂の量が多くなる時期なので、あぶらとり紙などでこまめに肌を清潔に保つことが大事です。また、大人になってもオイリー肌の人は同じようにできる場合がありますので、これもこまめなケアが大切です。

口周りに出来るニキビは皮脂とはあまり関係のない場合が多く、原因のほとんどが内蔵などの体の中から来るものが原因でニキビができるケースがほとんどです。この口周りに出来るニキビは治りにくく、治っても何度も同じ場所に繰り返し出来てしまうなど長年悩まされている方が多い場所でもあります。ストレスなどを溜めこむことで、胃が痛み内臓の機能が低下してしまいます。

内臓の機能が低下すると、取り込んだ栄養素をきちんと処理できなくなったり、体の毒素を上手く出すことができなくなってしまいます。こうした体の内側からくるものが原因でニキビができるので、なかなか治しにくく再発もしやすいという事です。また、毎日の食生活や寝不足などといった生活リズムの乱れもニキビの原因になります。睡眠が不十分になると、新陳代謝の機能が上手く動かず老廃物をきちんと出すことができなくなってしまいニキビの原因に繋がります。

また、偏った食生活なども口周りにできる原因になっています。繰り返しニキビができて、治らずに悩んでいる場合は、こうした毎日の生活リズムや食生活など生活に関係した事柄が原因になっているケースがほとんどです。薬を塗ったりしてもすぐに再発してしまう場合は、改めて自分の生活のリズムや毎日の食生活を見直してみて下さい。それが一番のニキビ対策に繋がります。